アルバイトとは

人生の中で、誰もが一度はアルバイトを経験するものです。
アルバイトというのは仕事や勤労を意味するドイツ語のArbeitが語源です。戦前の学生の間で隠語として使われたのが始まりで、家庭教師のように学業の片手間にする仕事のことをアルバイトと呼んでいました。

似たような言葉にパートというものがありその違いというのは曖昧であり、きちんと理解している人はほとんどいないものです。一般的な考え方として、パートと聞くと主婦の仕事と思われがちです。
パートというのはパートタイムの略語で、正社員のフルタイムが8時間労働であるのに対して企業の所定の労働時間よりも短い時間働くことを指します。ただ、短時間の労働である以外は正社員と同じ位置付けであり、長期にわたって勤務すること正社員と同じような職務を与えることを狙っている企業が多いです。
それに対してアルバイトは臨時で雇うもの、学生が学業の合間に行うので正社員やパートの一助となる職務をすることを狙って求人が出されることが多いです。

ただし、一般的な定義としてはこのようにされていますが多くの企業はアルバイトにも正社員と同じだけの仕事がこなせることは期待をするものです。アルバイトだから仕事がパートよりもできなくて良いということはないですし、仕事をこなすことができれば職場内でのポジションも給与も見直されることもあります。
そこで、ここではアルバイトをしている人にどのような人がいるのかと、その性格と向いている仕事、成果を出すにはどうすればよいかといったことを紹介していきます。

1 2 3